2015.4.30

新年度スタート記事|これからデザイナーになる人・デザイナーを目指す人へ伝えたいこと

こんにちは。しげあきです。
新年度がスタートして、多くの人が新しい仕事・職務に就くことになるかと思います。

本記事はそんな中で、「デザイナー」になる人、もしくはこれからデザイナーを目指す人に伝えておきたいことを記事にしました。

そもそもデザイナーとは

デザイナーとはどういった職種なのでしょうか。

「デザイナーってなんかカッコいい!」
「将来はデザイナーになりたい!」

多くの人がこのようなことを思いデザイン業界に足を踏み入れます。
ですが「デザイナー」とはなかなか特殊な職種で、一括りに「こうだ!」と語れる職業ではありません。

たとえばデザインと言っても、建築、ファッション、グラフィック、WEB、、などさまざまであり、
それぞれに対し求められる能力は全く異なってきます。

しかし、すべてに共通して言えることがあります。

これからデザイナーになる人達には是非考えてほしいと思います。

デザインに正解はないことを知る

q847837

とても当たり前のようなことですが、デザインには決して正解は存在しません。
これは料理と同じで、100人全員が満足する料理が存在しないのと同じで、デザインについて”正解”という決まった答えのようなものは存在しません。
たった一人のために作るデザインであれば、もしかしたら考えられるかもしれませんが、あまりそういった状況はないでしょう。

つまりこのことから言えることが次のことです。

デザインの良し悪しを最終的に判断するのは、あなたでもクライアントでもなくユーザーである

自分好みのデザインばかりを作っている人はデザイナーではありません。
それはデザインではなく、「アート」であり、デザイナーではなく芸術家です。

デザイナーとはあくまで、ユーザーが求めるものをいかに理解し形にするかということが重要になってきます。

新しくデザイナーになった人に、まず一番に考えてほしいことがこのことです。

デザイナーと聞けばオシャレな雰囲気がするかもしれませんが、
実際にはデザイン制作に着手する前の工程がとても重要で地味です。

どうしたらユーザーに求められるのか?
どうしたらクライアントの要求に応えられるのか?

そのために、クライアントの欲求を知り、ユーザーの欲求を知る、と言ったことが重要になってきます。

まずは自分を消し、客観的立場で物事を考える

8973479

良くも悪くもデザイナーを目指す人というのは「個性」「プライド」が強い人が多く、
デザインとアートが混同してしまい、その結果求められるデザインが作り出せない状態になり、大きな葛藤にぶつかることが多々あります。

この段階で、先輩からの駄目出し・クライアントからの駄目出しで自信を無くし、デザイナーという職業を辞めてしまう人も多くいます。

しかし、「個性」「プライド」が全く無い人は、逆にありきたりなものしか作れず、デザイナーというよりはただ言われるがままに作業する人になりがちです。そういった人は探せばどこにでもいます。

自分で深く考え、それを伝える

デザイナーの場合、ある程度周りの人間を納得させられるくらいの実績・実力がない限り、自分の意見を全部押し通すということは不可能です。

まだあなたにデザイナーとして実績がない場合、先輩やクライアントにいろいろ言われることが苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、だからと言って自分なりに試行錯誤してデザインをしたのであれば、まずはそれを伝えるといったことも重要になります。

言われるがままにデザインすることはデザインとは言わない

クライアントに振り回されるWebデザイナーに共通した、たった一つの特徴

上記ブログ記事でもあるように、なかなかデザインがfixしないといったデザイナーの場合、ただ先輩やクライアントに言われるがままにデザインを行っているといった状況が考えられます。

この問題はデザイナーになったばかりの人には難しいことかもしれませんが、本記事文頭でも書いた通り「デザインに正解はない」のです。

当然ですが、クライアントやエンドユーザーはデザインのプロではありません。(社内の先輩は除きます)

まずは、自分がどう考えてデザインを制作したかについて、自分の思いを先輩やクライアントに伝えることは重要です。

最後に

新しくデザイナーになった人、これからデザイナーを目指す人、
デザインは”楽しい”です。

ですが、楽しいと思えるまでの道のりは決して短くありません。
当然センスも必要だと言われるかもしれません。

しかし、まず大切なことは、デザインを作るその先にあるものを見据え、
どうやったらそのデザインで人を幸せにできるかと考えることが大切なのではないでしょうか。