2015.1.15

私服で履きたい!男子が選ぶ憧れの革靴ブランド

靴欲しい。靴下欲しい。

どうも。靴下を100円ショップで買い揃えるshigeakiです。

最近安いものを買うより、高くても長く使えるものを買ったほうが実はいろいろ良いんじゃないかと本気で思い始めました。
そこでやっぱり最初に思いつくのが「靴」かなーと。

ただ、どうせ高い靴を買うならビジネスでもプライベートでも履けるシューズブランドを探してみました。

John Lobb(ジョンロブ)

言わずと知れた最高峰の靴ブランドです。
お値段は高めですが、持っているだけで人としてランクが3つくらい上がった感じがします。
お値段は最高級なので高めですが、長く履ける一生モノと考えればむしろ一足は買っておいたほうがいいと思います。

EDWARD GREEN(エドワード・グリーン)

名前的に僕はかなり好きです。エドワードってなんか凄いイメージありますよね。いろいろ。
ジョンロブに並ぶ最高級の靴ブランドです。こちらもかなーり高価ですが、一生モノと考えればやはり安い買い物です。絶対。

CROCKETT&JONES( クロケット&ジョーンズ )

とーーっても人気のあるブランドです。
ビジネスシューズブランドでも定番であり、中価格帯で最も人気の高いと言われる英国靴です。
靴の良さについてはここで深く語るまでもないですね。

Alden(オールデン)

上の画像はブーツタイプのものです。
私服で靴がオールデンとかセンス溢れてますよね。
最高品質の素材でウエルトされえた紳士用の靴ブランドです。

CHURCH’S(チャーチ)

正統派の英国製の靴です。欧米のセレブや007のボンドも使用したと知られています。
欲しいです。明日買います。

さあ、如何でしたでしょうか。
靴買いましょう!靴!

その前に100均で靴下を買っているそこのあなた!
まずはその習慣からなんとかしましょう。

え?俺は買ってないって?
そうですか。

まあ、とにかく足元はビジネスマンにとってとても重要だと思うので、
是非一足、一生モノの靴を手にして(足にして)みてはいかがでしょうか。

この記事に付けられたタグ